Higatrecのウェイトトレーニングマシンとしての優位性を解説 1

2019.12.25

Higatrec製品画像PNG大

Higarec®(ヒガトレック)は完全電子制御のトレーニングマシンです。
私、比嘉一雄が大学院で筋肉の研究をしていた頃から、そしてプロのトレーナー活動をしていて抱いていた、
筋力トレーニングにおける課題を解決するとともに、
「筋トレ自身をさらに一歩先に進める」
ことを目的として生み出しました。
これまでのどのトレーニングマシンとも大きく異なります。
これから何回かにわたってその技術的な特徴や実際の筋肉成長に対する優位性などについて詳しく解説していきます。


Higtrec®は機械式モーターによる出力発生機構のメリットを最大限活かし、
物理的なウェイト(プレート)では生み出せない最適な負荷提供を行います。
ベストな負荷と正確なデータによりトレーニング/ボディメイクの効率を飛躍的に上昇させます。
その根本的な理屈について以下に解説していきましょう。

100kgの重りは常時100㎏

至極、当たり前のことですが、これが私が考える筋トレの最大の課題の一つです。
100kgの重りは上げる時も下げる時も常に100㎏。
1回目に持ち上げても100回目に持ち上げても100㎏です。
しかしながら人間の筋肉はこんなに単純でも均等でもありません。
もっとずっと複雑な特徴を持っています。
その特徴を正しく把握し、最大の刺激を与えることで筋トレはずっと効率的になります。
多くのトレーニング種目の場合、深いポジションより、浅いポジションの方が発揮できる筋力は大きいし、
上げるときよりも下げるときよりの方が発揮できる筋力は大きい。
そして、当然ながら、1回目の方が100回目よりも発揮できる筋力は大きい。
効率的というのは同じ量のトレーニングをしても筋肉の成長がより大きくできるということです。
同じ効果を得るためのトレーニング時間を短縮することもできます。

その高い効率を得るために、ヒガトレックは金属製・ラバー製あらゆる重り、プレートを捨て去りました。
本体を見ての通り、ウェイトトレーニングにつきもののウェイトはどこにも存在していません。
代わりに重さを生み出すのはモーターです。
モーターはコンピュータープログラムによって制御されているので非常に細かい出力の変動が可能です。
これにより上記のような常時一律な負荷ゆえの非効率さを脱却できました。
そして非常に高い効率の筋トレを可能にしたのです。

この「緻密なコンピューター制御」が具体的にどのように威力を発揮するかは以下のエントリーにて詳細に解説します。
Higtrec®のウェイトトレーニングマシンとしての優位性を解説 2

トレーニングデータは正確に且つ自動で保存できる

Higtrec®で最初にトレーニングを行うとき、まず最適な上下のバー位置と最大出力を計測します。
それに伴ってバーの可動域と与えられる負荷が決まります。
その設定データに従ってワークアウトを行います。
ワークアウト完了後、それらのデータはヒガトレックのクラウドに蓄積され、後からスマホ等でいつでも参照することが可能です。
何より便利なのは、他のトレーニング管理アプリと異なり、トレーニング日時や負荷や回数など、
自分で入力しなければならない項目、数値が最小限で済むことです。
そして何より正確です。あなたが実施したワークアウトのデータそのものなのですから。
これらのデータは後から振り返ることができます。ヒガトレックで長くトレーニングを続ければ、
1か月前や3か月前の自身のデータと比較することで成長を実感することができます。それも正確な数値によってです。

HigatrecユーザーWEB画面ショット1

(Higatrec利用者専用WEB画面イメージ)
また、あなたの設定データをヒガトレック使用時に読み込ませることができます。
トレーニング開始前に目の前のヒガトレックにログインしてください。
するとあなたの設定データが読み込まれます。
前回と同じバー位置、負荷を再現してすぐにトレーニングを開始できます。
もちろん読み込ませた前回のデータをもとに負荷やレップ数だけを少し変えてトライすることも簡単です。
Higatrec®はそれ自体がインターネットに接続された、いわゆるIoT機器です。
インターネットを介してあなたのスマホ、データを蓄積するクラウドと接続できます。
これによって筋トレはかつてないほどに数値化されました。

インターネット、データを活用する優れたトレーニングマシン、ヒガトレックについてさらに以下で詳しく解説します。
Higatrecのウェイトトレーニングマシンとしての優位性を解説 3