Higatrecのウェイトトレーニングマシンとしての優位性を解説 3

2019.12.25

ヒガトレックは単に機械式のウェイトトレーニングマシンではありません。それ自体がIoT機器でもあります。IoT=Internet of Things、つまりトレーニングマシンでありながらインターネットにも接続されているということです。皆さんのスマホとインターネットを介してつながります。このアドバンテージは大変大きいものと確信しています。特にまだまだアナログが主流のウェイトトレーニング/ボディメイキングの世界において、圧倒的に高い効率を利用者に届けることに貢献しています。

トレーニングデータはクラウドに登録される

登録されるデータとは?
ヒガトレックのWEBサイトで事前にユーザー登録を済ませてください。(無料です)そしてブラウザーでログインした状態でトレーニングに臨みます。するとヒガトレックを使用する前にヒガトレックにログインし、あなたの登録情報とそのヒガトレックが接続されます。あとは普通にワークアウトを実行すれば、そのデータがすべてクラウドに保存され、あなたはそれを後から参照することができます。以下のデータは自動的に登録されます。
・使用したヒガトレック
・使用した日時
・行ったセット設定データ(バーポジション、最大出力、レップ数)※複数セット行えば行った回数分すべて別データとして登録されます。
・行ったセットの記録、総合出力などのデータ

higatrec login

※2019年12月現在、すべてのサービスは無料で利用できます。

通常の筋トレアプリでは、実行したメニューはもちろん、負荷設定やレップ数、セット数などをすべて自分で入力する必要があります。これはそもそも面倒なうえに、必ずしも正確に記憶しているとも入力できているとも限りません。ところがヒガトレックではこれらは何も入力することなく登録されます。

自分のトレーニング履歴やデータを正確に把握できる

ヒガトレックWEBのご自身のページにログインすれば、これまでのヒガトレックでのトレーニング履歴を振り返ることができます。セット単位でデータ、記録を参照し、振り返ることができます。ご自身の現状や成長を正確に数値で把握するための非常に便利なツールです。

training record image

画面はすべて開発中のイメージで製品版とは異なる可能性があります。また、リリース後もサービスは随時バージョンアップし、より便利に、より役に立つものを目指していきます。

セッティング時間を大幅に短縮できる

ご自身のバーポジションなどのデータが保存されるのは前述のとおりです。次回ヒガトレックを使用するとき、事前にログインすることでこれらのデータがヒガトレックに読み込まれ、設定値として再現できます。以前行った登録済のメニューであればバー位置や最大出力を設定することなくすぐにワークアウトを開始できます。もともと設定時間含めても1セット2分足らずで完遂できるスピーディーさがヒガトレックの特長の一つですが、その短い所要時間をさらに短縮することが可能です。

最初から約36秒までがセッティング時間です。
思いプレートを入れ替え、何度かトライしながらようやく自分にとって適切なウェイトを把握できるに至るといった余計な手間、時間は全くかからない画期的なシステムになっています。その分本当のトレーニングに集中して臨むことも可能になりました。

今後のデータ蓄積から生み出される新たなサービスにもご期待ください。皆さんの科学的かつ効率的なトレーニング、ボディメイキングにより一層貢献していきます。