ヒガトレックの基本的なタッチパネル操作

2020.07.28

ヒガトレックにはタッチパネルが備わっています。右の柱に装着されています。トレーニングを実施する際このタッチパネルを操作します。ここでは基本的な操作を紹介します。
ヒガトレックタッチパネル01

ワークアウトを実施するための最も基本的な操作

こちらがタッチパネルの初期画面です。まずはヒガトレックでワークアウトを実施するための最も基本的な操作をご紹介します。
ヒガトレックタッチパネル初期画面
初期画面で「ワークアウト」をタッチします。

続いて実施するトレーニングメニューを選択します。1ページ目に代表的なトレーニングメニューを3つ表示しています。2ページ目以降にも多くの種目を用意しています。
ヒガトレックタッチパネル種目選択 ヒガトレックタッチパネル開始
次の画面で「この設定でワークアウトを開始」をタッチします。するとアナウンスが流れワークアウトに入ります。まずバーの高さ(ボトムとトップ)そして最大荷重の計測が始まります。その後実際のワークアウトを開始します。バーは自動で動きますのでその間はバーを押し下げたりぶら下がったりしてバーに余計な力を加えないよう注意してください。
ワークアウト終了後は終了のアナウンスが流れ、バーが自動で上昇します。ベンチプレスの場合など頭をバーに当てないよう気を付けてください。また、この時もバーが上昇していくときにつかまってぶら下がったりしないようにしてください。

ヒガトレックでのベンチプレス

なお、ワークアウト中はタッチパネルはこのように表示されています。「ワークアウトを中止する」以外の操作はできません。他の人が誤った操作をしてしまわないようにするためです。
ヒガトレックタッチパネルワークアウト実行中

レップ数を自由に設定してワークアウトを実施する

ヒガトレックはすべてのメニューについて1セットは5レップという設定になっています。もちろんこの設定のままで十分効果的なトレーニングを実施することができますがこのレップ数をご自身の好みに合わせて変更することもできます。ヒガトレックに慣れてきたらご自身でレップ数を自由に設定してみるのもお勧めです。
先の種目を選択する画面で「マニュアル設定」をタッチします。その後メニューを選択するところは上と同じですが、メニュー選択後にモードやレップ数を選択した上でワークアウトを実施するすることができます。
ヒガトレックタッチパネルマニュアルモード1 ヒガトレックタッチパネルマニュアルモード2 ヒガトレックタッチパネルマニュアルモード3 ヒガトレックタッチパネルマニュアルモード4

ヒガトレックと接続してトレーニングを実施する

ヒガトレックは専用サイトがあります。こちらに登録後はあなたのスマホとヒガトレックとを接続してトレーニングを実施することですることができます。これによりあなたのトレーニングデータは記録され、後からこのスマホサイトでいつでも参照することができます。
初期画面で「個人設定」をタッチすると以下のように6桁の番号が発行されます。番号は完全にランダムで発行されます。同じ番号は2度と表示されません。
ヒガトレックタッチパネル接続1 ヒガトレックタッチパネル接続2

この数字(パスコード)をスマホサイトにログイン後入力し「SIGN IN」をタップしてください。ヒガトレックはネットワークに接続されたIoT機器なのであなたのスマホとヒガトレックが接続されます。これにより接続中に実施されたトレーニングのデータはクラウドにアップロードされ後からサイトでデータや状況を確認することができるようになります。(接続していないで実施されたトレーニングデータは後から参照することはできません。)
継続的にヒガトレックを使用しご自身の成長ぶりを可視化して把握したいのでしたら是非ヒガトレックのサイトに登録して使用することをお勧めします。
ヒガトレックスマホサイトログイン
ヒガトレックサイトの登録はこちらから

タッチパネルやサイトについてはこれからも追ってご紹介していきます。